b−MAPの散歩道

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中部国際空港のある愛知県常滑市で活動中の中小企業診断士・久田 博司のブログサイトです。
日々の生活や仕事を通じて発見したこと、感じたことなどを綴っていきたいと思います。
陶と灯の日

 

10月10日にINAXライブミュージアムで「陶と灯の日」という
イベントが行われました。























イベントの由来は、

常滑焼千年の歴史は、陶祖・鯉江方寿をはじめ、
多くの先人によりつくられてきました。
初代常滑市長・常滑市名誉市民である故伊奈長三郎もその一人で、
常滑の陶業・陶芸の発展に大きな貢献を果たしました。
常滑では、常滑窯業の歴史を振返り、
先人の功績を再評価することによって次世代へと受け継いでいこうと、
故人の命日である10月10日を「陶と灯の日」(とうととうのひ)とし、
市内でさまざまな催しを開催します。
(INAXライブミュージアムHPより)

夜も9時近かったのですが、集まった子供たちがゆらゆら揺れる灯りを取り囲んで、とても楽しんでいる様子でした。

ちなみに1つ1つの灯りをよく見ると・・・




こんな招き猫の灯りや、
トイレの形の灯りもあり、ユニークでした。
(この辺りは、いかにも”INAX”といった感じです!)




灯りは、陶器の中にLED電球をいれているものと、
ロウソクを灯しているものの2種類がありましたが、
個人的にはロウソクの方が幻想的で気に入りました。


また、この日はINAXライブミュージアムのお隣にある
旧常滑高校(通称トココー)で「窯や祭り」も開催されており、
こちらにも足を運んでみました。

トココーでは陶器の展示販売や・・・





校舎の裏庭でライブが行われていました。
























季節的にも調度良く、この日の風も心地よかったので、
夏とはまた一味違った味わいで、とても落ち着いた気分になれました。
また来年も開催されるのを楽しみにしています。


追記:

11月1日に「住生活グループは連結子会社であるトステム、INAX、新日軽、東洋エクステリア、LIXIL(リクシル)の5社を2011年4月1日付で合併する。トステムを存続会社とする吸収合併方式で、新社名は「LIXIL」とする。」との発表がありました。
INAXのブランド名は残るとのことですが、本社はほぼ間違いなく常滑から東京にいってしまうと思います。
成長戦略上の一環及び業務運営の効率化が本合併の大きな目的のようですが、常滑市民としてはやはり残念な気持ちです。
今後は本業界及び地元の経済発展のためにも、この合併が良い方向へ進んでいくことを願うばかりです。

| 常滑 | 21:11 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
酷暑の常滑焼祭り
今年の夏は本当に暑さが厳しいですね・・・ 

我が家は買ってまだ1年3カ月の扇風機が動かなくなってしまいました。
メーカー保証期間の1年過ぎ、図ったかのように故障してしまいとても悲しいです。
扇風機なんて単純な作りのものが1年ちょっとで壊れてしまうなんて・・・
(安さに惹かれて聞いたことのないメーカーに手を出したことが、そもそもの間違いだったかもしれません。)
おかげで今年はエアコンの使用頻度がグッと上がり、電気代も高くついているようです。。

さて、そんな酷暑の中、地元・常滑では8月の21日・22日と恒例の常滑焼祭りが行われました。




まず会場となるとこなめ競艇場の入口付近には、毎年、若手作家さんたちのブースが並びます。
屋外で、見て回るには非常につらい環境なのですが、いつもこのブースはとても楽しみにしていることもあり、今回も一番最初に行ってみました。
ここには「自分好みの作家さんを新たに発見できるかも?」といったワクワク感もあります。
今回は探していた大きさの器がなかったので購入はしませんでしたが、いくつか購買意欲をくすぐられる作品も置かれていました。

ただこのブース、やはり非常に暑いです。
さらに、頭上の電球が暑さを後押ししており、取り付け位置もやや低くくて危険なため、もう少しテントの高さを上げる、電球の位置を変えるなどの対策が必要かと感じました。
来年は何らかの改善がなされている事を期待します。

そして競艇場の中・・・



色々な窯元や、陶芸会、作陶会のブースなど50程のブースが並び
見ごたえもあります。

毎年焼物祭りに通っていると、
作家さんが自分の事を覚えていてくださったりして会話するのも楽しいです。
そして、大体時間をかけて見るお店も決まってきます。
やはりたくさんのお店があっても、結局は自分の好みのお店に戻ってきてしまいます。
(ちなみにいつも楽しみにしているのは 紅葉窯・佳窯 です)

そんな中、今回は2Fのブースで新たに好みの作家さんを発見し、購入に踏み切りました。↓



鉢です。(お茶碗ではありません)
ここ最近ラーメンにも、うどんにも使えるような、使い勝手の良い鉢をずっと探していました。

作られたのは、「森 和彦」さんという方。

私も知らなかったのですが、やきもの散歩道にある陶々屋というお店に普段作品を置かれているようです。(お店は土・日・祝のみ営業)



釉薬が流れているのが味があります。
シンプルすぎず、程よい主張と風合いが気に入りました。
恐らく使用頻度は相当高くなるので、不注意で割らないように気をつけたいと思います。

ちなみに常滑焼まつりといっても、全てが「常滑焼」ではありません。
中国製の器を安売りしているところや、瀬戸物、有田、織部なんかも
扱われていますので、不安なときはお店の方に確認されることをおすすめします。

またまつり会場は結構混みあいますので、
人混みが苦手な方は、早起きをして朝一番(9時)に行かれることをお勧めします。空いていて、じっくりと探す事ができますよ。

逆に、混雑平気!とにかく安くという方は、二日目の終了近く(14時以降ぐらい?)が狙い目かと。
商品の値下げもはじまっており、交渉次第ではかなり安く買えたりもします。


来年もおそらく8月第4週目の土日に開催されると思いますので、
興味のある方はぜひ常滑までお越しください。






| 常滑 | 19:43 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
マル伊商店の生炊きしらす 

マル伊商店さんの「生炊きしらす」 とても美味しそうな色・ツヤです。





先日、たまたま見たテレビ番組で紹介されていたのですが、
「見るからに美味しそう」 「比較的家から近い」
が決め手になり、早速休みの日にお店まで足を運んでみました。

マル伊商店さんまでは車で30分程度。
今までにも何度か通ったことのある道沿いにあったのですが、その存在を知るのは今回が初めてでした。
地元周辺でも、まだまだ隠れた名店はたくさんありそうですね。

さて、番組で紹介されていたのはこちらの商品。
まず目につくのは「農林水産大臣賞」の文字です。
実はこの商品、「第20回全国水産加工品総合品質審査会 農林水産大臣賞」を受賞しています。



この審査会では農林水産大臣賞の他にも水産庁長官賞、大日本水産会会長賞、東京都知事賞など様々な賞がありますが、農林水産大臣賞は最高位に位置付けられています。
テレビもおそらくこれが決め手になって、取材申し込みをしたのではないでしょうか。

そんなことを考えながら、しばらく商品をジーっとみていると、店員さんが試食をさせてくれました。
もともと購入予定でお店を訪れたのですが、1口食べてみて、その購買意欲は沸点に到達!
すぐさま頭の中は購入数と賞味期限のバランス計算に入っていました。

この「生炊きしらす」
|聾機師崎産の生シラスを水揚げしたその日に加工
∧歛故繊Σ蹴慊缶N舛鷲垰藩僉文粁舛論犬靴蕕后∈重、しょうゆ、酒、みりんのみ)
1分は控えめで、ふっくらした仕上がり
といったところが特徴として挙げられます。

あと鮮度や味が少しでも落ちないように、保管時にペットボトルの凍ったものを入れるなど色々な工夫もされているようです。
やはり傷みの早い生シラスにとって、鮮度管理は品質維持の生命線になりそうですね。

家に帰り早速食べてみましたが、やっぱり白いご飯に良く合います。
味付けも濃すぎず、フワッとした触感がたまりません。






一緒に買ってきたちりめんじゃこも良い塩加減でふっくらとしており、とても美味しかったです。
両商品とも知人・友人にプレゼントしたい一品と感じました。

マル伊商店さんは年中無休だそうですので、
師崎の方に行かれる方は1度お店に寄ってみてはいかがでしょうか。

「生炊きしらす」 価格:100グラム入り350円
マル伊商店 : http://www.maruisyoten.net/

| グルメ | 22:52 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
上嶋醤油醸造場の醤油




こんにちは。
先日、長野県の松本市まで行く機会がありました。
今日はそこで出会った「美味しい醤油」をご紹介したいと思います。

上嶋醤油
というのですが、皆さんご存知でしょうか?
上嶋醤油は長野県松本市にある上嶋醤油醸造場で、
創業明治36年以来、変らぬ製法で作られた天然醸造醤油です。

 

評判の良いお醤油ということで、元々は醤油を購入するためだけに立ち寄ったのですが、お店の店員さん(娘さん)がとても親切な方で、突然の訪問にもかかわらず、醸造場内を製造工程に従って案内してくださいました。

蔵の中に入ると、すぐに醤油の香りが漂って懐かしいような気分になります。
醤油の仕込みは年2回行われるそうで、訪れた時は春の仕込みをされていました。

原材料は、大豆・小麦・塩・砂糖・アルコールで、余計な保存料や着色料などは
一切入っていません。
大豆については出来るかぎり地元・長野県産のものを使用しており、どうしても手に入らないときのみ、他県(国産)のものを使っているとのことでした。
その他の原料もすべて国産にこだわっています。


            熟成中の醤油(熟成期間は約1年半とのこと)

もろみを撹拌するために櫂入れをするそうなのですが、
素人目にも大変な体力と経験・コツが必要であることは分かりました。
グルグルとかき混ぜるというよりも、樽の底の方を掘り起こすといった混ぜ方をされるそうです。

現在、上嶋醤油醸造場はご家族で経営されているとのことでしたが、まだ後継ぎは決まっていない様子。
なんとか続いてくださると良いのですが・・・

醤油は、900mlのものと1,800mlのものがあり、900mlの瓶入りで1,000円弱くらいで購入できました。
また、お醤油の空き瓶を持っていくとその瓶に入れて売ってくれるようです。(少し値引きも有り)
本当に昔ながらのお醤油屋さんといった感じですね。






















これが購入した、天然醸造醤油です。
ちなみに保存料が入っていないので、栓を開けたら冷蔵庫での保存が
不可欠です。でないとカビが生えてしまいます。

私はこの醤油で刺身をいただきましたが、
薄紫色で香りと甘みがあり、優しい印象を受けました。
東京の有名な料亭や寿司屋さんでも使われているようです。

松本付近に行かれる方は、ちょっと寄り道して上嶋醤油さんにも足を運んでみてください。
醤油を大切に使おう!と思わせてくれるような光景に出合えると思います。

■上嶋醤油醸造場
住所 : 長野県松本市梓川倭北大妻13
電話 : 0263-78-2566


| グルメ | 21:45 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
アイスランドという国 その2
 


アイスランドでは現地ツアーが多く開催されており、私もこのツアーに参加してみました。
ゴールデンサークル・ツアーという1日ツアーで、この日の参加者は日本、イギリス、スウェーデンからコロンビアまで、本当に多種多彩です。
ガイドは全て英語なので、聞き取りで少々つらいところもありますが、とにかく各地の集合時間だけでも拾えば何とかなります。

さて、このツアーのまず最初は、シンクヴェトリル国立公園にある「ギャウ」とよばれる地球の割れ目に行きました。(上記の写真)

ここは、ユーラシアプレートと北アメリカプレートが生まれる場所で、この2つのプレートが年に2、3センチほど広がり、新しい大地が生まれているとのこと。
ギャウとはこの2つのプレートの引っ張り合いによって作られた裂け目をいいます。
我々はこの割れ目の底を歩くのですが、この情報を知らずに歩くと単なる岩山歩きでフィニッシュとなります。
英語力又は事前情報力が重要なスポットともいえます。。




そして2か所目のスポット、グトルフォスの滝です。
グトルフォスとは、アイスランド語で「黄金の滝」という意味で
陽の光を受けた滝が黄金に輝くことからこの名前がつけられたようです。

ラングヨークトル氷河から流れ出た大量の水がものすごい轟音とともに谷に
飲み込まれて行き、大迫力のパフォーマンスをみせてくれます!

上の写真は滝全体を、遠くから写したものですが、実際は滝のすぐそばまで行くことができ、見る角度によってさまざまな表情を見せてくれます。






















この景色、時折テレビで見かけないでしょうか??
3か所目のスポットはゲイシールと呼ばれるアイスランドを代表する間欠泉です。
見学時は大体4分〜5分に1回のペースで噴き上がっていました。

初めは、何ともない温泉でできた池のようなのですが、時間が経つにつれ、
水面が徐々に盛り上がり、パワーが溜まったところで一気に熱湯が噴き上がります。
見学者が皆カメラを手に、今か今かと待ち構えていた姿も印象的でした。
もちろん私もその1人でしたが・・・

またこのエリアでは、あちこちで熱湯が湧き出し、地底の活発な活動を目にすることができます。地球の大きなエネルギーを改めて体験することのできるスポットでした。






4か所目はケリズ火口湖です。
約3000年前の噴火でできた古いクレーターで、直径200メートルあります。
湖面は凍っています。
湖面の真ん中らへんに小さな人影が見えるのが判るでしょうか?
凍った湖の上で、子供たちが遊んでいました。
こんなところまで降りるのは大変だと思うのですが・・・




そして最後に、ヘトリスヘイジ地熱発電所です。
これは前回の「アイスランド その1」でも出てきた地熱発電の見学施設で、首都・レイキャヴィークからも比較的近い場所にあります。

電力は主に、電気・暖房・温泉、そして温室栽培に使われているようです。
アイスランドは、地面の多くが溶岩で覆われ、また気温も低いため、決して野菜作りに適した土地とはいえません。そこで、トマトやキュウリなどは地熱発電による電力を使い、温室栽培を行っているとのことでした。
まさに「エコ栽培」という言葉がピッタリくる栽培方法ですね。


これらの場所を8時間ほどをかけてバスで回ったのですが、どのスポットも違った驚きと感動で全く飽きることがありません。
アイスランドの雄大な自然に短くもふれられた、幸せな時間でした。



| 旅行 | 21:20 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
アイスランドという国 その1




4月14日、アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル氷河で
大規模な噴火が起こり、
ヨーロッパの空港が大混乱していましたが、実はその10日程前、
まさにそのアイスランドに行っていました。

エイヤフィヤトラヨークトル氷河では、3月21日に1度目の小規模な噴火があったのですが、私が行ったのは、その1回目と2回目の噴火の間(4/1-4/6)というきわどいタイミングです。
正直、危なかったとしか言いようがありません。。

ただ、現地もその頃はのんきなもので「噴火を見ながらオーロラも見よう!」
といったスペシャルツアーまで開催されているほどでした。

国の破綻に氷河の大噴火と何かとお騒がせなアイスランドですが、観光としての魅力は大きく、とても雄大な自然(不思議と美しさ)に出会うことができます。

今日は特に不思議面について。。





アイスランドは「氷の国」だけでなく「火の国」でもあり、少し郊外に出ると、
上のような景色が360度、果てしなく続きます。
地面は土ではなく、岩(溶岩)だらけで木もほとんど見かけることがありません。
ちなみに、うっすらと見える緑色の正体は「アイスランドモス」と呼ばれる苔で、岩の上をうっすらと覆っていました。
アイスランドモスティーという苔を使用したお茶があり、飲んでみましたが、
正直味は??といった感じです。飲みやすい漢方薬という表現が合いそうです。
ただ整腸効果などもあるようで、この苔を食べて育つ羊の肉は臭みが少なく、
日本人でも抵抗なく食べることが出来ます。

あと、アイスランドの郊外を走っていて驚いたのは、時折地面から噴き出ている煙について。
実はこの正体は水蒸気です。
アイスランドは温泉の宝庫でもあり、
所々から下の写真のようにモクモクと水蒸気が噴き出しています。




地熱をエネルギー源として活用している先端国でもあり、電力エネルギーの15%~20%程度は、地熱発電によるものだそうです。(それ以外は水力の活用)
日本でも相当の量の地熱発電がなされているようですが、それ以上に消費量も大きいため、全体に占める割合からいえば、0.2%程度とかなり少ないようです。
見学施設における発電装置には東芝製のものが使用されていましたので、
日本でももっと力を注いでほしいところです。
その前に消費量自体を減らす努力が必要ともいえますが。


まるで火星にでも来たような気分になる不思議な国・アイスランド、
次回は美しい大自然の魅力についても、紹介してみたいと思います。

| 旅行 | 23:59 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |