b−MAPの散歩道

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中部国際空港のある愛知県常滑市で活動中の中小企業診断士・久田 博司のブログサイトです。
日々の生活や仕事を通じて発見したこと、感じたことなどを綴っていきたいと思います。
陶と灯の日

 

10月10日にINAXライブミュージアムで「陶と灯の日」という
イベントが行われました。























イベントの由来は、

常滑焼千年の歴史は、陶祖・鯉江方寿をはじめ、
多くの先人によりつくられてきました。
初代常滑市長・常滑市名誉市民である故伊奈長三郎もその一人で、
常滑の陶業・陶芸の発展に大きな貢献を果たしました。
常滑では、常滑窯業の歴史を振返り、
先人の功績を再評価することによって次世代へと受け継いでいこうと、
故人の命日である10月10日を「陶と灯の日」(とうととうのひ)とし、
市内でさまざまな催しを開催します。
(INAXライブミュージアムHPより)

夜も9時近かったのですが、集まった子供たちがゆらゆら揺れる灯りを取り囲んで、とても楽しんでいる様子でした。

ちなみに1つ1つの灯りをよく見ると・・・




こんな招き猫の灯りや、
トイレの形の灯りもあり、ユニークでした。
(この辺りは、いかにも”INAX”といった感じです!)




灯りは、陶器の中にLED電球をいれているものと、
ロウソクを灯しているものの2種類がありましたが、
個人的にはロウソクの方が幻想的で気に入りました。


また、この日はINAXライブミュージアムのお隣にある
旧常滑高校(通称トココー)で「窯や祭り」も開催されており、
こちらにも足を運んでみました。

トココーでは陶器の展示販売や・・・





校舎の裏庭でライブが行われていました。
























季節的にも調度良く、この日の風も心地よかったので、
夏とはまた一味違った味わいで、とても落ち着いた気分になれました。
また来年も開催されるのを楽しみにしています。


追記:

11月1日に「住生活グループは連結子会社であるトステム、INAX、新日軽、東洋エクステリア、LIXIL(リクシル)の5社を2011年4月1日付で合併する。トステムを存続会社とする吸収合併方式で、新社名は「LIXIL」とする。」との発表がありました。
INAXのブランド名は残るとのことですが、本社はほぼ間違いなく常滑から東京にいってしまうと思います。
成長戦略上の一環及び業務運営の効率化が本合併の大きな目的のようですが、常滑市民としてはやはり残念な気持ちです。
今後は本業界及び地元の経済発展のためにも、この合併が良い方向へ進んでいくことを願うばかりです。

| 常滑 | 21:11 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
酷暑の常滑焼祭り
今年の夏は本当に暑さが厳しいですね・・・ 

我が家は買ってまだ1年3カ月の扇風機が動かなくなってしまいました。
メーカー保証期間の1年過ぎ、図ったかのように故障してしまいとても悲しいです。
扇風機なんて単純な作りのものが1年ちょっとで壊れてしまうなんて・・・
(安さに惹かれて聞いたことのないメーカーに手を出したことが、そもそもの間違いだったかもしれません。)
おかげで今年はエアコンの使用頻度がグッと上がり、電気代も高くついているようです。。

さて、そんな酷暑の中、地元・常滑では8月の21日・22日と恒例の常滑焼祭りが行われました。




まず会場となるとこなめ競艇場の入口付近には、毎年、若手作家さんたちのブースが並びます。
屋外で、見て回るには非常につらい環境なのですが、いつもこのブースはとても楽しみにしていることもあり、今回も一番最初に行ってみました。
ここには「自分好みの作家さんを新たに発見できるかも?」といったワクワク感もあります。
今回は探していた大きさの器がなかったので購入はしませんでしたが、いくつか購買意欲をくすぐられる作品も置かれていました。

ただこのブース、やはり非常に暑いです。
さらに、頭上の電球が暑さを後押ししており、取り付け位置もやや低くくて危険なため、もう少しテントの高さを上げる、電球の位置を変えるなどの対策が必要かと感じました。
来年は何らかの改善がなされている事を期待します。

そして競艇場の中・・・



色々な窯元や、陶芸会、作陶会のブースなど50程のブースが並び
見ごたえもあります。

毎年焼物祭りに通っていると、
作家さんが自分の事を覚えていてくださったりして会話するのも楽しいです。
そして、大体時間をかけて見るお店も決まってきます。
やはりたくさんのお店があっても、結局は自分の好みのお店に戻ってきてしまいます。
(ちなみにいつも楽しみにしているのは 紅葉窯・佳窯 です)

そんな中、今回は2Fのブースで新たに好みの作家さんを発見し、購入に踏み切りました。↓



鉢です。(お茶碗ではありません)
ここ最近ラーメンにも、うどんにも使えるような、使い勝手の良い鉢をずっと探していました。

作られたのは、「森 和彦」さんという方。

私も知らなかったのですが、やきもの散歩道にある陶々屋というお店に普段作品を置かれているようです。(お店は土・日・祝のみ営業)



釉薬が流れているのが味があります。
シンプルすぎず、程よい主張と風合いが気に入りました。
恐らく使用頻度は相当高くなるので、不注意で割らないように気をつけたいと思います。

ちなみに常滑焼まつりといっても、全てが「常滑焼」ではありません。
中国製の器を安売りしているところや、瀬戸物、有田、織部なんかも
扱われていますので、不安なときはお店の方に確認されることをおすすめします。

またまつり会場は結構混みあいますので、
人混みが苦手な方は、早起きをして朝一番(9時)に行かれることをお勧めします。空いていて、じっくりと探す事ができますよ。

逆に、混雑平気!とにかく安くという方は、二日目の終了近く(14時以降ぐらい?)が狙い目かと。
商品の値下げもはじまっており、交渉次第ではかなり安く買えたりもします。


来年もおそらく8月第4週目の土日に開催されると思いますので、
興味のある方はぜひ常滑までお越しください。






| 常滑 | 19:43 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
常滑 春の祭礼
4月に入ると全国各地でお祭りが行われますが、
わが町常滑でも、4月10日・11日に 春の祭礼が行われました。




















地元・常石神社で厄年の男達が木遣唄(きやりうた)を奉納している様子

毎年4月第2週目・土日の2日間にわたって行われる春の祭礼ですが、
元々は明治38年 日露戦争の戦勝祝賀の凱旋祭に、6つの字から山車が参加したことが起源のようです。
全国的に有名な祇園祭や高山祭に比べると歴史的には浅いものですが、大きな6台の山車が街中を曳きまわされる姿はやはり見ごたえがあります。

そんな春祭りの中でも特に感心させられるのは、山車にほどこされている数々の彫り物です。これらは本当に素晴らしく、毎年見るたびに感動させられます!







上の写真のような彫り物が全ての山車で見ることができます。
また彫り物にはストーリー性もみられ、例えばこの写真では桃太郎で犬が鬼退治をしている様子が表現されています。
それぞれの彫り物を間近で見てみると、1つ1つが本当に細かく仕上げられています。






もし来年、常滑までお祭りを見に来られるようでしたら、是非停まっている
山車に近づいてじっくりと彫り物を見てみてください。
迫力ある山車の造りと繊細な彫り物の世界に圧倒されると思います。
今年は時間の都合上、宵宮を見に行くことができませんでしたが、
たくさんの提灯を揺り動かしながら進んでいく夜の山車の姿も見応え十分です!






今年の春祭りは終わってしまいましたが、
5月3日・4日には旧常滑高校にて常滑クラフトフェスタが行われます。
昨年同様、色々な作家さんが出店されるようですので、今から楽しみにしています。

常滑クラフトフェスタ : http://www.toko.or.jp/cra_fes/index.html
| 常滑 | 18:10 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE