b−MAPの散歩道

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中部国際空港のある愛知県常滑市で活動中の中小企業診断士・久田 博司のブログサイトです。
日々の生活や仕事を通じて発見したこと、感じたことなどを綴っていきたいと思います。
<< アイスランドという国 その2 | main | マル伊商店の生炊きしらす  >>
上嶋醤油醸造場の醤油




こんにちは。
先日、長野県の松本市まで行く機会がありました。
今日はそこで出会った「美味しい醤油」をご紹介したいと思います。

上嶋醤油
というのですが、皆さんご存知でしょうか?
上嶋醤油は長野県松本市にある上嶋醤油醸造場で、
創業明治36年以来、変らぬ製法で作られた天然醸造醤油です。

 

評判の良いお醤油ということで、元々は醤油を購入するためだけに立ち寄ったのですが、お店の店員さん(娘さん)がとても親切な方で、突然の訪問にもかかわらず、醸造場内を製造工程に従って案内してくださいました。

蔵の中に入ると、すぐに醤油の香りが漂って懐かしいような気分になります。
醤油の仕込みは年2回行われるそうで、訪れた時は春の仕込みをされていました。

原材料は、大豆・小麦・塩・砂糖・アルコールで、余計な保存料や着色料などは
一切入っていません。
大豆については出来るかぎり地元・長野県産のものを使用しており、どうしても手に入らないときのみ、他県(国産)のものを使っているとのことでした。
その他の原料もすべて国産にこだわっています。


            熟成中の醤油(熟成期間は約1年半とのこと)

もろみを撹拌するために櫂入れをするそうなのですが、
素人目にも大変な体力と経験・コツが必要であることは分かりました。
グルグルとかき混ぜるというよりも、樽の底の方を掘り起こすといった混ぜ方をされるそうです。

現在、上嶋醤油醸造場はご家族で経営されているとのことでしたが、まだ後継ぎは決まっていない様子。
なんとか続いてくださると良いのですが・・・

醤油は、900mlのものと1,800mlのものがあり、900mlの瓶入りで1,000円弱くらいで購入できました。
また、お醤油の空き瓶を持っていくとその瓶に入れて売ってくれるようです。(少し値引きも有り)
本当に昔ながらのお醤油屋さんといった感じですね。






















これが購入した、天然醸造醤油です。
ちなみに保存料が入っていないので、栓を開けたら冷蔵庫での保存が
不可欠です。でないとカビが生えてしまいます。

私はこの醤油で刺身をいただきましたが、
薄紫色で香りと甘みがあり、優しい印象を受けました。
東京の有名な料亭や寿司屋さんでも使われているようです。

松本付近に行かれる方は、ちょっと寄り道して上嶋醤油さんにも足を運んでみてください。
醤油を大切に使おう!と思わせてくれるような光景に出合えると思います。

■上嶋醤油醸造場
住所 : 長野県松本市梓川倭北大妻13
電話 : 0263-78-2566


| グルメ | 21:45 | - | trackbacks(0) | 久田 博司 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.b-map.net/trackback/665002
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE